法定備品

ライフジャケット(救命胴衣)

ライフジャケット(救命胴衣)




ライフジャケットは、落水した際に体を
浮かせて救助を待つための設備です。


ライフジャケット(救命胴衣)は、落水したときや緊急時に海上等に避難したときに、必要な浮力が確保されています。ライフジャケットには、膨脹式の首かけ式、ベルト式のものや、固定式のものがなどがあります。また、小児用は体重別に体格にあったものが必要です。それぞれのライフジャケットを正しく着用しましょう。

膨脹式ライフジャケット(首掛け式)膨張式ライフジャケット(首掛け式)

  1. ライフジャケットに腕を通し、前側のバックルをとめます。このとき、ライフジャケットが体に密着していることが重要です。
  2. 手動式の場合は、紐を引いて膨脹させます。膨脹させたとき、膨らみが足りない場合は、息を吹き込んでさらに膨らませます※膨脹式ライフジャケットの日常点検方法については、こちらをご確認ください。
    小型船舶用膨脹式救命胴衣の保守・点検マニュアルも併せてご確認ください。


膨脹式ライフジャケット(ベルト式)膨張式ライフジャケット(首掛け式)

  1. 体にしっかりと密着させるためベルトを調整します。
  2. 膨らんだ後で、左右のバックルをとめます。※膨脹式ライフジャケットの日常点検方法については、こちら をご確認ください。
    小型船舶用膨脹式救命胴衣の保守・点検マニュアルも併せてご確認ください。



固定式ライフジャケット膨張式ライフジャケット(首掛け式)

  1. 腕を通し、前のファスナーを閉めます。
  2. 左右のベルトを閉めて体にしっかりと密着させます。

ライフジャケットのタイプについて

小型船舶の航行区域等に応じたタイプのライフジャケットの搭載が必要です。
詳細はこちらをご確認ください。

 タイプ名 浮力 色の指定  反射材  笛  航行区域等
 条件
 TYPE A  7.5㎏以上  ◯  ◯  ◯ 全ての海域   なし
 TYPE B  7.5㎏以上  ◯ ×  ◯ 平水・沿岸区域等  不沈性+キルスイッチ
 水上オートバイ  なし
 TYPE C  7.5㎏以上  ◯  × ×  平水・沿岸区域等  不沈性+キルスイッチ+笛等
 水上オートバイ  笛等
 TYPE D  7.5㎏以上  ×  ◯  平水・沿岸区域等(非旅客船に限る)   なし
 水上オートバイ  なし
 TYPE E  7.5㎏以上  ×  ×  ◯  平水・沿岸区域等(非旅客船に限る)  不沈性+キルスイッチ
 水上オートバイ  なし
 TYPE F  7.5㎏以上  ×  × ×  平水・沿岸区域等  不沈性+キルスイッチ+笛等
 水上オートバイ  笛等
 TYPE G  5.85㎏以上  ×  ×  ×  平水区域(非旅客船に限る)
 不沈性+キルスイッチ+笛等
 水上オートバイ 笛等



小児用ライフジャケットについて膨張式ライフジャケット(首掛け式)

小児用ライフジャケト(1才以上12才未満)は、以下の3種類あります。
子供の体格にあったライフジャケットを選びましょう。
体重が15kg未満(浮力4.0kg以上)
体重が15kg以上40kg未満(浮力5.0kg以上)
体重が40kg以上(浮力7.5kgのもの)